ラジオ「まいどくん参上!」11月4日放送

ラジオ「まいどくん参上!」11月4日放送

radio2 (1)

★オープニング
「フルマラソンチャレンジ結果報告」について

7月に「商店街応援団」コーナーで紹介した

「フルマラソンを完走したい!」チャレンジ
(ラジオネーム)青い地球38歳さんからお手紙を頂きました。
********************************************************
10月24日(日)茂庭で行われた「湯のまち飯坂・ふくしまフルマラソン」に出場してきました。
フルマラソン初心者です。
以前、商店街応援団コーナーに投稿し、アドバイスをいただき、
自己流でしたが、トレーニングを続けていました。

1104フルマラソン

結果は・・・
ゴール3キロ手前でタイムアウト・・・悔しかったです。

ペースを守って走りましたが、
トレーニングで体験したことのない未知の距離になった途端、
足が痛み出し、集中力が落ち、
この先の気の遠くなるような道のりに、
何を目標に進めばいいのか・・・
ホント負けそうになりました。

今後のトレーニングメニューに「長距離を走り慣れておく」を加えたいと思います。
今回は残念な結果になりましたが、今は爽快感でいっぱいです。
ゴールした後の自分に会えるまで、チャレンジしていきたいと思います。
周りの方々の声援が、とてもとってもありがたかったー。
応援ありがとうございました。

********************************************************
―当時の放送内容(7月15日放送)―
チャレンジ内容:「フルマラソンで完走を目指したいと思っています。マラソン初心者ですが、何から準備すればいいですか?」
お話を伺ったのは…セントラルウェルネスクラブ福島 インストラクター 吉田康平様

初心者ということで、完走ではなく、歩きも含めて時間内ゴールを目指しましょう。
①トレーニング法
運動習慣を身につける。「走る」と「歩く」習慣をつけ、徐々に時間を延ばしていく。
無理は禁物、休むこともトレーニングです。
10キロ程度走れるようになれば時間内ゴールはできます。

②準備するもの
一番重要なのはシューズ。
ヒザ、腰、足首に負担のかからない、靴底に厚みがあり、クッション性のあるもの。
水よりスポーツ飲料がベスト(汗によって失われるミネラルが不足すると足がつったりする)
のどが渇く前に飲んだ方がいいそうです。
などいろ~んなお話を伺いました!

 

★FMポコにいらっしゃ~い
「信夫山ガイドセンター リニューアルOPEN」

ゲスト:㈱アドプロダクション 代表取締役 浦部 博様

福島市街の中心に位置する信夫山。
自宅の窓から、通勤通学で、いつも目にしている信夫山。
子供のころからいつもそこにあるので、
改めて信夫山に関して考えたこともありませんでした。

ところで、皆さん、パセオパーキング隣にある
「ぶらっとショップ」の信夫山ブースをご覧になったことありますか?
以前パセオスペースにあったのですが、お引っ越ししまして、
「信夫山ガイドセンター」として11月1日リニューアルOPENしました。

さてさて、信夫山と言えば「浦部さん」街なかでは有名な方です。
実は東京のご出身。
30代の頃に福島へ移り、信夫山に魅了されたそうです。
街の真ん中に、孤島のように浮かびあがる信夫山…
豊かな自然、展望、冒険、歴史、信仰、不思議…様々な魅力がいっぱいつまった宝の山だそうです。
ところが、地元の方々はその魅力をほとんど知らない。
お花見や墓参りに行くだけ。
実にもったいないとおっしゃっていました。

1104信夫山

浦部さんは、信夫山の観光案内・観光コンシェルジェとして
市内各地の小・中学校や学習センターで信夫山の魅力について語っています。
講演の依頼も多く、ときには山伏の格好で話すなど、本当に信夫山を愛している方です。

前述の「信夫山ガイドセンター」には、
信夫山の大型模型や化石、大型パネルの展示、
信夫山暁まいりの全記録が入ったDVD(貸し出し可)
目的別に10のハイキングコースを紹介したMAPや、
意外と知らなかった信夫山の歴史・豆知識が載っているおもしろ探索ブックの販売配布もしています。
信夫山のなんでもかんでもがあります。

今後は信夫山で採れたゆずを使ったゆず商品の種類拡大や、
暁まいりでおなじみの山伏が進化した鴉天狗のキャラクターをモチーフにした、キャラクターグッズの販売も検討中だそうです。

近くにあるとその存在、素晴らしさを忘れがちですが、
信夫山の魅力を再発見することが、
ふるさとの再発見、ふるさとを愛するこころにつながるのではないかとおっしゃっていました。

花見山が観光名所として全国的に有名になったように、
信夫山も福島市のシンボルなのだから、
市民と地元商店街の人々がもっともっと信夫山について語り、
アピールすることで、また逆に信夫山を利用した商品展開・商売をすることで、
中心市街地の活性化・福島市の活性化につなげていくことが希望です。

と。放送時間内には納まりきれない魅力をたくさん伺いしました。
浦部さん、ありがとうございました!
【㈱アドプロダクション】
福島県福島市八木田字神明94
TEL:024-545-7777
http://www.adpro-group.co.jp/

 

★FMポコにいらっしゃ~い
「日野屋楽器店(お店紹介)」

ゲスト:日野屋楽器店 本間梨華さん

FMポコ隣の楽器屋さん「日野屋楽器店」さんにお話を伺いました!
まずはお店の紹介
主に各種楽器、楽譜、雑貨文具の販売、ピアノ調律、修理なども行っていらっしゃいます。
教室も開いていて、ヤマハ音楽教室の他に、
ピアノ、エレクトーン、フルート、ヴァイオリン、ヴィオラ教室。
こちらは日野屋楽器店さんでやってらっしゃるそうです。

1104日野屋1

楽器や楽譜しか置いてないと思われがちですが、
楽器にちなんだ小物雑貨を取り扱っています。
例えば、音符の形をした置物や、音符のイラストが入ったノートやシールなど…
かわいい~♪雑貨がいっぱい。
梨華さんがプロデュースしているそうです!

店頭で年に2回ぐらい季節のイベントを実施していらっしゃいます。
お客様感謝祭として、抽選会なども行っているようで、
日程は未定ですが、11月上旬から、「クリスマスキャンペーン」を予定しています。
是非お買い物をして、抽選会にご参加ください!

【日野屋楽器店】
営業時間:月~土11:00~19:00、日祝12:00~17:00
場  所:置賜町7-4 FMポコ隣
取扱商品:鍵盤楽器、楽譜、学校用教材楽器、管楽器、雑貨文具、ピアノ調律、楽器修理…と楽器だけにかかわらず、楽譜や楽器小物などいろんな商品を取り扱っています。
教  室:ヤマハ音楽教室の他に、ピアノ、エレクトーン、フルート、ヴァイオリン、ヴィオラ教室