商店街ラジオ「まいどくん参上!」6月23日放送

商店街ラジオ「まいどくん参上!」6月23日放送

オープニング

最近巷で話題の『グリーンカーテン』ですが、省エネ、電気代節約など今取り組むべき課題の救世主ですね。つる性植物を生茂らせてカーテンを作るんですが、その種類も様々です。一年草と言って一年で枯れ、次の年また植える物、多年草と言ってジワジワ何年も掛けて育てる物の2種類あり、その中でも葉が落ちるもの、常緑のものがあります。お店の方に聞くのが一番ですが、仕上がりが大小様々なカーテンもあり、育てる場所、環境によって選ぶのがよいでしょう。ホームセンターなどで、購入できますよ。

 

まちなか情報コーナー
アオーゼ寄席復活!落語で福島に笑顔と元気を届けよう!

【ゲスト】素人落語の会 中家すずめさん(本名 宍戸沙織さん)

CIMG0321

『昼の部』
日時:6月25日(土)13時30分開演(16時終了予定)
場所:MAXふくしま4階 アクティブシニアセンターAOZ視聴覚室
入場無料です!
ふくしま素人落語の会の寄席に、桂歌蔵師匠をゲストとしてお招き致します。
【その他の出演者】
中家すずめ、酒飲亭いさん、光家平三、遊亭松太郎(漫談)、しお家小笑(漫談)、楽しく亭ツイ輝
みそ家笑遊
*演目等は、当日までのお楽しみです

『夜の部』
日時:6月25日(土)19時開演
場所:マッチボックス
福島市置賜町
こちらは、入場料¥1000(ドリンク、一部義援金)
出演:桂歌蔵、アリス(マジカルバルルーン)、酒飲亭いさん、中家すずめ
*演目等は、当日までのお楽しみです

【質問】最後に今後のスケジュール、抱負をお願いします。
月に一度のAOZ寄席と、8月29日(月)に音楽堂小ホールにて『信夫の麓寄席』が開催予定です。

落語で福島が受けている風評被害を、吹き飛ばしたいと思っています!

 

まちなか情報コーナー
福島市役所東通り商店街朝市『がんばります!朝市』

【ゲスト】福島市役所東通り商店街副会長 鈴木勝利さん

CIMG0322

出店者代表 (有)はこざき肉店 小野元裕さん

開催日時:6月26日(日)午前7時~
場所:いちい山下店跡地

<出店者>
1、海産物の油井海藻店(鰊昆布巻き¥100~) 2、スズキ理容所(髪のお悩み、ご相談)
3、キクヤ時計店(時計、メガネのご相談) 4、はこざき肉店(ウインナー半額!など)
5、菊池クリニック(お身体の健康のご相談) 6、ケーキのファブール(ロールケーキ格安にて)
7、青果おのや 8、大文字屋本店 9、喫茶稲荷屋 10、柳町冨士屋 11、いちい
12、つけもの高田食品店 13、光月堂 14、薮内商店 (岩井屋米穀店は予定)
今回、菊池クリニックさんの協力のもと「血圧測定」「健康相談」を無料で行うのがまちなかの朝市と違う!と力説してられました。

今回の目玉は・・・・『卵10個入1パック¥10』です!やっぱこれでしょう!

但し先着100名ですよ~。

【質問1】今回が初めての朝市開催になりますが、始めようと思った経緯はなんですか?

何と言っても、今回の開催場所でもあるいちい山下店の突然の閉店です。もちろん地震の影響での撤退ですが、その事で商店街に限らず、街周辺がなんとなく暗く、活気が失われた感じがしたそうです。
街の人たちからも「何か不便になったね~。」という声が数多く聞かれ、何か役に立つことは出来ないかと思ったのが、始まりだそうです。そこで人々のお役に立てることが出来れば、結果売上も出来、名前も覚えてもらえ、お店にとって利益に繋がるということです。

【質問2】始めるにあたり、苦労した点は?

地震の影響がやはり大きく絡み、朝市の開く意味を多く問われたそうです。
『朝市はほんとうに必要なのか?』『やる意味あるの?』など、お店によっては、理解して頂けない事もあり、賛同してくださる店舗を増やすのに苦労したそうです。
また、地震の影響により、自分の店舗のことで手一杯という所も結構あったみたいです。
さらに、福島市役所東通り商店街といっても、どっからどこまでが範囲なのか、イマイチ定まらない感じがあったみたいです。明らかに範囲内なのに加盟していなかったり・・・・。定休日だから、出店出来ないなど・・・。最初はなかなか大変ですね。
若い世代の方がいないのも、悩みです。どこも同じ悩みを抱えています。

【質問3】今後続けて行く事に対する、抱負や目標は?

①業種がかぶったりするのは、全然構わないそうです。それはそれで、タッグを組んで出店したり、販売品目を増やしたりなど、どんどん参加してもらいたいそうです。

②参加者が増える事で、参加者同士の繋がりも強くしたい。お客さんが引けた後でも、出店者どうしで買い物することも大事だと感じたそうです。(朝市繋がりで、お客さんも定着するのでは?)

③朝市に限らず、夕市も検討しているそうです。日曜日開催にこだわらず、平日開催も検討しています。

④この商店街には、他にはない市役所というすごいランドマークがあるので、商店街や朝市を通して、充実した生活が出来るようにしていきたいとの事。お客さんが地元の商店を利用し、すべて事足りる生活が目標とおっしゃっていました。