商店街ラジオ「まいどくん参上!」6月9日放送

商店街ラジオ「まいどくん参上!」6月9日放送

オープニング

皆さん、新聞などでご存知の方も多いと思いますが、ギョーザを活用したまちづくりに取り組む全国の団体が集まる「全国餃子サミット」が来年秋、福島市で開かれることが決まりました!。先月の14日に、我々市商連青年部の会長などが三重県津市まで「浜松餃子学会」(浜松市)と「津ぎょうざ協会」の代表者会議に出席して参りました。今回の東日本大震災の被災地でもある福島の復興を支援しようとの趣旨から開催地に選ばれました!第3回目という事になります!すごいです!
浜松開催の時には、2日間で10万人のお客さんが来場されてるというので、福島開催も気合が入りますね!「ふくしま餃子の会」さんにも大いに張り切っていただいて、美味しい餃子で、福島の復興のシンボルとなれるよう、青年部一同、成功にむけて頑張っていきます!よろしく~!

 

FMポコへいらっしゃ~い
流行りの結婚式大特集!

6月2日放送「まいどくん参上!」

【ゲスト】
サンパレス福島 企画チーフ 北田愛さん
場所:福島市上町4-30(福島テルサの隣)
営業時間・定休日:11:00~18:30 / 火曜日
TEL:0120-233-809
営業内容:結婚式場
【質問】
①なぜ、Juneブライドと言うのか教えてください。

Juneブライドの由来はというのはいくつかあります。もっとも有名な由来は、
ローマ神話に基づくものです。
ローマ神話では、ジュ・ノーという女神が結婚を司さどっています。彼女は6月の女神でもあり、英語で6月をジューンと言いますが、この名はこの女神に由来します。
結婚を司る女性の守護神の月ということで、6月に結婚する花嫁は幸せになれるという言い伝えがあります。

もう一つ言われている由来は、昔ヨーロッパでは3月から5月までは、結婚が禁止だった為、それが解禁となる6月にいっせいにカップルたちが結婚し、周りの人たちからの祝福も最も多い月だった為と言われています。
②なぜ、Juneブライドに結婚する人が多いのですか?
6月に結婚する花嫁さんは幸せになれる言い伝えにあやかって、多くの方がJuneブライドに結婚される方が多いと思います。

どの月に結婚されても、もちろん幸せになれますが、こういった言い伝えのある月に結婚する事によって、より意味深いものになるのではないでしょうか。

最近では、季節問わず2人の記念日に合わせて結婚するカップルも増えているそうです。

【質問】
①人気の(お勧めの)ドレスを教えてください。

DVC00113

DVC00112

 

 

おすすめのドレスは、サイズオーダードレスです。
ウエディングドレスは花嫁さんにとってとても大切なものです。
そのドレスが、自分だけしか袖を通さず、体にぴったりのスタイルで着て頂けるので、当日はどこから見られてもバッチリです。

オーダードレスは、基本のデザインパターンから選び、サイズを自分のサイズに。
価格も、18万~で、レンタルとほぼ変わらないです。

②お勧めのお料理を教えてください。

結婚式には子供さんからご年配の方まで、幅広い年齢の方が出席されます。
皆様が一番安心してお召し上がりいただけるお料理は和と洋がミックスされたお料理です。
結婚式という特別な日なので、見た目は華やかに、そして食べやすいそんなお料理がお勧めです。
★サンパレスでは、料理の出す順番、タイミングにこだわっております。
通常コース料理のメインは結婚式の中盤に出てきます。ただ結婚式の中盤は演出や余興がある為、「メインのお肉料理がゆっくり食べれなかった。冷めていた」という経験が式を出席された方はあると思います。
そこで、サンパレスでは、結婚式のプログラムと料理のタイミングを考え、コースの前半に一番お召し上がり頂きたい一皿をお出ししております。結婚式全体をトータルで考えた内容になっております。

③披露宴などで、サンパレスさんでの、特別な事、こだわっている事はありますか?

結婚式は2人の人生のスタートであり、この結婚式という幸せの記念日が2人の何十年先の未来につながる日です。
私たちが一番こだわっている事は、3時間の結婚式が2人の10年、20年・・・50年先の未来につながる記念日にする事をこだわっています。結婚する2人、家族、出席し祝福してくださる大切なゲストの皆様との絆がさらに深まるような披露宴をご提案しております。

最近では、結婚する2人から余興でみんなを楽しませるという披露宴も多いそうです。
例えば、誰でもわかるような、2人についてのクイズなど。出席した人たちが二人の事を良く知れる事もありますが、結婚する2人も自分たちの事を振り返る事が出来るので良いそうです。
震災後、2人の絆、家族との絆を深めるために2人からみなさんへというのが増えているようです。

 

FMポコにいらっしゃ~い
第42回わらじまつり開催決定!のお知らせ&意気込みを熱く語る!

CIMG02092

【ゲスト】わらじまつり企画検討部会長
(株)瀬戸商会 瀬戸美夫さん

【わらじまつり開催日時】8月6日(土)のみ、16時~22時(交通規制時間)
(タイムスケジュールで見ると、例年より約2時間弱早い開始です。)

【全体の主な内容】
1、わらじ競争、わらじおどりⅠ・Ⅱ部、ダンシングそーだナイトⅠ・Ⅱ部の順番で一日ですべて開催する。但し、いつもよりそれぞれ若干の時間の短縮があります。

2、参加費については、昨年同様¥200に決定。(¥500にしては?との案も出ていましたが、賞金も出ないのに、参加費だけ値上げするのはいかがなものか?などなど、参加者の意見があったみたいです。)

3、企業協賛金は今回に限り、なしということです。

4、それぞれの賞金(各賞)もありません。(ただし、競争では賞状は用意すると言ってました)

5、絵馬の設置は行わず、提灯のみの設置となります(7月9日)
(広告協賛として、新規¥5000、継続¥3000のお願いは致します)

6、予定ですが、絵馬の設置の日にあわせて、会場の清掃(放射線低減のため)を行い、線量計を福島市より借りて、線量をわらじのホームページに掲載するとの提案がありました。

【わらじおどり】
1、毎年好評のわらジンガーの募集は行いません。(本番では、CDの音源で踊ります)

2、台湾舞踊団の参加(震災による台湾からの支援にお応えする意味も込めて、参加して頂く)

【ダンシングそーだナイト】
1、Ⅰ・Ⅱ部共に、1200名を超えた時点で抽選を行います(7月1日)

2、Ⅱ部のフィナーレのみ、明石隼太氏による生ライブを行います。

【わらじ競争】
1、約2時間あった枠が、70分に短縮されます。

2、小学生2チーム、女性4チーム、一般10チームの募集です。

【広場】
1、当日も広場の放射線量を、掲示してはどうかとの提案

2、前日(5日)からのテント設営なので、前夜祭を行ってはどうか?との意見

3、募金箱を震災に対しての募金に変更して、設置する

4、22時の撤収の徹底を図る

【その他】
7月16日、17日の『東北夏祭り共演会』の参加

(青森ねぶた祭り・秋田竿灯まつり・盛岡さんさ踊り・山形花笠まつり・仙台七夕まつり・福島わらじまつり)
1、仙台市の勾当台公園でのステージイベント(大わらじのPR、ダンシングそーだナイトの実演)

2、仙台市の定禅寺通りでの大わらじパレード、ダンシングそーだナイト(16日18時~、17日12時~)
*担ぎ手30名、ダンシング80名の参加が見込まれます。