商店街ラジオ『まいどくん参上』1月12日放送

商店街ラジオ『まいどくん参上』1月12日放送

オープニング
『今日は何の日?』

スポーツ用品メーカー・ミズノが1994(平成6)年に制定したそうで、
1911(明治44)年のこの日、オーストリアのレルヒ少佐が新潟県のスキー場(昔はスキー場なんてなかったですが)軍の青年将校にスキーの指導を行い、日本人が初めてスキーを行った日であることから、制定したみたいです。
福島も雪国で、ウィンタースポーツも盛んですから、是非皆さんおっくうがらずに、スキー場や、スケート場など、冬のスポーツに挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

FMポコにいらっしゃい
『鮨長さんのおいしいお寿司』

【ゲスト】鮨長 代表取締役 三村貴之さま

CIMG0919①お店のご案内
場所:栄町(福島駅前通りに面しています)
営業時間:午前11時~午後11時
定休日:無休
連絡先:024-522-3782

②歴史
昭和13年創業、今年75年を迎えます。
福島で一番老舗のお寿司屋さん。
福島で初めて生寿司を出したお店です。
初代である寿司職人の祖父が、現在地(栄町)にお店を構えました。

当時の駅前通りは砂利道だったそうで、旅館が多く立ち並んでいたようです。
鮨長さんがある1区画(大野屋からなか卯まで)も以前は旅館だったそうで、
お隣さん同士の屋根裏が繋がっているそうです。
おかげで3・11の震災では、揺れの割には被害が少なかったそうです。

貴之さんは3代目。
何の迷いもなく跡を継いだそうです。
③三村さんのお仕事ぶり
3代目となり十数年。
握りから接客・会計などすべての業務をこなしています。
鮨長さんのお寿司でお腹一杯になって、
おいしかった・ありがとうと言っていただける時が一番の幸せです。
憂鬱な顔でお店に来られたお客さんには、1品多くお出ししたくなります。

鮨長さんにはお休みがありません。
人が歩いているのにシャッターを閉めたくない、
お客様が入ってこなくても
お店の明かりを点けることによって、
街が明るくなればという想いで休みなく営業しているそうです。
鮨長さんには県外のお客様が多くいらっしゃいます。
福島は暗いねと言われないように
毎日明かりを灯していらっしゃいます。
③鮨長さんのオススメ
★4:30から始まる「晩酌セット」¥2,000-がオススメです。
・お刺身3点盛り
・お寿司4貫、巻物
・小鉢、味噌汁、デザート
・生ビール(中)1杯か日本酒2合か焼酎2杯

何と言っても『穴子』を食べて頂きたい!すし屋の腕がわかるお寿司です。是非どうぞ!

★ランチは割引価格になっています。
人気は海鮮丼¥1,300-

*新年会プランとして、¥5000で飲み放題付きのプランです。

福島市内であればどこへでも出前を致します!
TEL:024-522-3782
お気軽にどうぞ!

最後に・・・
鮨長さんには元気なお母さんがいらっしゃいます!
会話が弾むと2時間は返さないそうです。
新鮮なお寿司に負けないくらい、元気なお母さんです!
是非お越しください♪

 

まちなか情報コーナー
『おぐら茶屋~ふくしまのむかし遊びの会』

IMG【ゲスト】おぐら茶屋 蓮沼幹子さま

開催日時:1月15日(日)午前11時~午後3時まで

場所:御倉邸・おぐら茶屋
電話:024-522-2390(御倉邸)

地元のおじいちゃん、おばあちゃんによる、昔の遊びを一緒に体験しよう!

コマまわし・凧揚げ・竹馬・かるた・すごろく・福笑い・お手玉などなど・・・。

参加自由!

【同時開催】
①琴の生演奏と体験
②紙芝居と昔話(民話)
③御倉邸で逢いましょう(いつもの)

一昨年前のイベントでは、まいどくんが実際に来て、手作り凧揚げに挑戦してましたね。ゲームの事は忘れて、思いっきり昔遊びを満喫してみよう!